赤沢鉄工所会社概要

会社概要

所在地

〒713-8121 岡山県倉敷市玉島阿賀崎2401 産都鉄工センター内

TEL086-522-5101
FAX 086-522-5139
E-mail  co-akzw@mx1.tamatele.ne.jp

資本金

3,000万円

社員数

12名

設 立

昭和18年6月11日(創業昭和10年)

代表取締役

赤澤 則道

業務内容

製鉄用機械保守部品製作
精密機械加工
一般産業機械設計製作
ストロー自動包装機

加工機械

5面加工、フライス加工、立・横マシニング加工、旋盤加工、ワイヤ放電加工
主要取引先 JFEスチール㈱殿(産都鉄工センター経由)

沿 革

昭和10年10月

故赤澤博が大阪府施市で、個人会社赤澤鉄工所を創業する。

昭和18年6月 玉島鋳造(本社所在地)を買収、(株)玉島鋳造所として鋳物生産を 始める。 <会社登記>
昭和20年5月 社名を株式会社赤澤鉄工所と改称、機械加工業に転換する。主に三菱重工三条の下請けをする。
昭和34年10月 ストロー自動包装機を完成、以来現在までに約200台を国内外に販売した。
昭和37年1月 姉妹会社産都重工業(株)を(協)産都鉄工センター内に設立する。
昭和42年8月 爪楊枝自動包装機を完成、以来現在までに約100台を国内外に販売した。
昭和53年11月 曲がるストロー自動包装機を完成、以来現在までに約100台を国内外に販売した。
昭和55年8月 曲がるストロー加工機を開発、完成させる。
昭和58年12月 本社工場を閉鎖、(協)産都鉄工センター内工場に統合する。
昭和59年4月 二段伸縮ストロー製造包装機を完成させる。
昭和60年5月 赤澤尚敏が代表取締役社長に就任する。
平成元年10月 資本金を800万円から1,800万円に増資する。
平成6年4月 NCプラノミラー(6m×2.5m)を設置する。
平成6年11月 マドラー式コーヒーバッグ製造機を開発、完成させる。
平成11年2月 プラノミラー(4m×1.5m)を自社で更正、NC化する。
平成12年2月 資本金を1,800万円から3,000万円に増資する。
平成14年8月 二段伸縮ストロー製造包装機、勝手反対を完成させる。
平成17年4月 塗装場を増設する。
平成19年2月 ワイヤ放電加工機を導入する。
平成21年2月 5面加工機(オークマ社製)を導入する。
平成28年4月 CNC普通旋盤TAC-650(滝沢鉄工所社製)を導入する。
平成30年11月 CNC普通旋盤TAC-950(滝沢鉄工所社製)を導入する。
令和2年6月 赤澤則道が代表取締役社長に就任する。